【仏壇処分】仏壇の中の仏具はどう処分すればいい?

【仏壇処分】仏壇の中の仏具はどう処分すればいい?

仏具の処分はどうするの?

こんにちは、翠雲堂本店です。
仏壇の処分に関してお話ししてきましたが、
仏壇の中身の話をしていこうと思います。
中身といっても、ご本尊、お位牌、仏具といろいろあります。
その中でも今回は仏具の処分に関して話していこうと思います。

仏具はそのまま処分してもよいのか?

仏具を処分する時に何が気になるかと言えば、ただ処分してしまって良いのか、
お坊さんに頼んでお経をあげて頂かないといけないのか、と言う点です。

そのまま処分しても良い

結論を言ってしまえば、『そのまま処分してしまって構わない』です。
基本的に仏具は、ご本尊や御位牌みたいに、魂を入れて手を合わせる拝む対象ではありません。
従って、お坊さんに魂抜き等をやってもらう必要はありません。
ただし、以下は注意しておきましょう。

処分する際の分別はしっかり

仏具の原材料をいってしまえば、金属であったり、プラスチックであったり、木製であったり
仏具によっていろいろあります。
自治体の定める分別の仕方に則って可燃、不燃、その他等分別して処分しましょう。

大切なものと処分するのもはしっかりと区別を

仏具の中には代々受け継いできたものや、故人が大切にしていたもの、思い出の品物などがある場合もあります。
うっかり処分しないようにきちんと区別しておきましょう。
処分するのは簡単です。ただし処分したら、もう戻ってきません。

それでも気になる方はお坊さんや仏具店へご相談

魂が入ってないにしても、今まで使ってきたものだからと悩んでいるならお坊さんや仏具店へ相談しましょう。
仏具を処分する、しないに関わらず、相談頂ければいろいろとアドバイスが出来ます。
お気軽にお声かけください。

最後に

如何でしたでしょうか。
仏具を処分することは比較的簡単です。
難しく考えず、気軽な気持ちで処分しましょう。
それでもどうしても困ってしまったら、翠雲堂本店にご相談ください。
何か力になれるアドバイスが出来るかもしれません。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ご来店のお客様は…

その他のお仏壇についての記事