【仏壇処分】ご先祖のお位牌を処分するために 供養

【仏壇処分】ご先祖のお位牌を処分するために 供養

御位牌はどのように処分したら良いのか?

こんにちは翠雲堂本店です。
今回は『仏壇の中身はどう処分するの? 御位牌編』と言うことで、
亡くなった方の供養の対象である『御位牌』について書いていこうとおもいます。

御位牌を処分しても良い ただし・・・

モノとしては御位牌は漆塗りの工芸品に近い存在です。
ただのモノとしての考え方であれば地域のゴミの分別しに違って処分してしまえばいいのかもしれませんが、
お坊さんに魂を入れていただいき、手を合わせてきたご先祖の御位牌です。そう簡単に捨ててしまう方はいませんよね。
ご本尊様と並んで先祖の霊を敬い、亡くなった方に対して供養する物です。
ご本尊様と同様に、いらないからと言ってむやみやたらと捨ててしまっては絶対にダメです。
魂抜き(閉眼供養)が必要です。

御位牌を処分するために

御位牌を処分するために何をしたら良いのかを書いていきます。

まずはお寺(お坊さん)へ相談をする

『仏壇の中身はどう処分するの? ご本尊様編』にも書いてありますが、お世話になっているお寺あるいはお坊さんへ処分したい旨をお話ししましょう。
亡くなった方の魂が入っている物ですただ捨てないで、魂抜きをしてもらいましょう。
そのためにまずはご自身の事情をしっかりお寺(お坊さん)に説明し、
御位牌を粗末にしないで処分したいことを話しておきましょう。

魂抜きをしてもらう

魂抜き・御霊抜き、呼び方はいろいろありますが、お経を上げてもらって御位牌から魂を抜いて、
亡くなった方に対する供養の対象としての役割を終わらせてもらいましょう。
そうすることで御位牌としてではなく、漆塗りの工芸品になります。

最終的な処分(お焚き上げ)はお寺ですることが多い

魂抜きが終わった御位牌はそのままお寺様(お坊さん)へ預けてお焚き上げしてもらってしまうことが多いです。
お寺で引き取ってくれない場合は、念の為、お坊さんに魂は入っていないので地域の分別に従って処分してもらえば良いか
確認してみるのが良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?
あまり難しく考えずまずはお世話になっているお寺、お坊さんへ
ご相談出来れば話がスムーズに進むと思います。
お寺やお坊さんへご相談が難しいと言うのであれば、翠雲堂本店へご相談ください。
何か力になれるアドバイスが出来るかもれません。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ご来店のお客様は…

その他のお仏壇についての記事