仏壇処分する時に魂抜き必要?お布施の相場は?

 仏壇処分する時に魂抜き必要?お布施の相場は?

良く耳のする魂抜き

皆様、こんにちは。翠雲堂本店です。本日は仏壇処分の記事によく出てくる
キーワード『魂抜き』=『閉眼供養』について、簡単にご説明したいと思います。地域や宗派により言い方や考え方、決まり事が異なる場合もあります。ご了承ください。

初めに

まず初めに、魂抜きは出来ればしましょう!
仏教では お仏壇やお墓に『魂を入れる』・ 『 魂を抜く』という考え方があります。
『抜く』があれば 『 入れる』もあるのです。近年ではお仏壇に『魂を入れる』事は少なくなっています。(もちろん必ず魂入れ=開眼をするお寺様もございます。)仏壇じたいには魂が入っていないと言う考え方もありますが、
ここでは仏壇にも魂が入っていることとしてお話します。


魂抜きって何をするの?

『魂抜き』はお坊さんにお経をあげてもらいお仏壇やご本尊、お位牌、お墓に宿った魂を抜く儀式です

 
仏教では基本礼拝の対象に魂が入っているという考えをもっています。なので当店のような仏壇屋で購入した
仏壇・ご本尊(仏像や掛け軸など)・お位牌は購入直後は普通のモノなのです。
そこでお坊さんにお経をあげていただき『魂入れ』をしてきもらいます。
そうすることにより、ただのモノから 手を合わせる礼拝の対象となるのです。
そのようなことから『魂を入れ』をしたのだから『魂抜き』をして 礼拝の対象 から外すのです。


魂抜きって絶対に必要なの?

「魂抜きって絶対に必要?」こちらはよくいただく質問です。

魂とは目に見えるものではありません。実際に『魂抜き』をしてお仏壇や
御本尊、御位牌の形や色だったりが変化するものではありません。
「やらなくても良いのでは?」「不要でしょ。」と思われたり、「親の世代が用意した仏壇で自分の代からは仏教とかよく知らないし。」など自分は仏教を信仰していない場合もあると思います。
近年では色々なケースがある為、絶対ではありません。
ご先祖の魂が宿っていると考えられるものです。より丁寧なやり方として
ご先祖のご供養と今までの感謝の気持ちも含めて『魂抜き』は行うことをおすすめ致します。

魂抜きのお布施の相場について

多くは菩提寺のお坊さんに頼んでお経をあげていただく事が多いと思います。
やはりお布施も必要になります。お寺や地域、宗派によっても違うと思いますが
一般的なお布施の相場は1万円~3万円くらいになるでしょう。直接お寺様にお聞きになっても良いと思います。

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。私達は仏壇のプロです。何かアドバイス出来ることがあるかもしれません。分らないことなどあればいつでもご連絡ください。翠雲堂本店のお仏壇の処分は個別ではありませんが、まとめて
お坊さんにお経をあげていただいてからの処分になります。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ご来店のお客様は…

その他のお仏壇についての記事