【仏壇処分】以外と困る線香の灰の処分どうすればいいの?

【仏壇処分】以外と困る線香の灰の処分どうすればいいの?

線香の灰の処分はどうするの?

こんにちは翠雲堂本店です。
今回は処分の中でも仏様に毎日差し上げる『お線香の灰の処分』と言うことで、仏様に毎日差し上げるお線香のたまった灰はどう処分するのが良いかを書きたいと思います。お店にご来店いただくお客様にもご質問いただいた事がある質問です、少しでも参考になれば幸いです。

灰は家庭ごみで処分しても大丈夫。

まず初めに特にお仏壇のお線香の灰だからといって、特別な処分の仕方はありません。
普通に家庭ごみで処分して大丈夫です。

※地域や風習で違いがあるかもしれません。

仏壇の灰だから魂が入っているなどありません。

毎日お仏壇に手を合わせる際には必ず線香を差し上げている方が多いと思います。灰にも魂が入っているのでは?
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です魂は入りません。他に差し上げるお花や仏飯と一緒です。
普通に捨ててしまっても大丈夫なのです。お花(仏花)の処分についても以前書いています。こちらから

線香の灰の処分の仕方

お住まいの各自治体の家庭ごみの処分方法に従い処分しましょう。当たり前ですが、お線香に火をつけてすぐはダメです。
必ず火が付いていないことを確認してからにしましょう。
※自治体により捨て方等が異なるかもしれません。

お庭があれば土に還すという考え方もいい方法ですが

一軒家のお庭のある方でしたらお庭にまくのも良いでしょう!灰は植物の肥料になる場合もあります。
しかしマンション等にお住まいの方は難しいですね。ビニール等に入れて燃えるゴミと一緒に出しましょう。
灰はサラサラしているので、灰が周りに舞わないように注意しましょう。少し水分を入れると灰がまとまり
処分しやすくなるかもしれません。

最後に

いかがでしたか? 最後までお読みいただきましてありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。
あまり難しく考えずいつも通りの方法で処分して大丈夫だと思います。一番は毎日気持ちよく仏様やご先祖様にお線香を差し上げることが大切です。

新しい灰やお掃除に便利な灰ならしもあります。

灰が固くなって線香が差しにくくなってきた時や、燃え残った線香が気になった時には新しい灰に交換したり
灰を掃除してあげて毎日気持ちよくお線香を差し上げましょう。

お店で新しい灰と網付灰ならしも販売しております。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ご来店のお客様は…

その他のお仏壇についての記事