東京仏壇 支輪型台付53号 本紫檀 伝統工芸品 No042229

伝統工芸士が丹精込めて丁寧につくり上げた東京仏壇です。
『東京仏壇は、元禄のはじめ、江戸の指物師が、仕事の合間に桑や欅などの堅木材を使い、
独自の技術・技法によって比較的淡白で飾りの少ない仏壇を作りだしたのが始まりとされています。
東京仏壇は寺 院の意匠の影響を受けた緻密な細工、
紫檀や黒檀などの唐木や桑の木目を生かした重厚な質感を持ち簡素 で荘厳な美しさが特徴です。
鳳凰 や唐草などの伝統的な彫刻、漆を 塗って木目の美しさを際立たせる塗装など
東京の伝統工芸 品が誇る様々な技が駆使され、その優美さは見るものを魅了します。』

近年は家具調の仏壇が増えていますが、職人が伝統の技を注ぎ高度な技術が結集した東京仏壇はおすすめです。

東京都認定 伝統工芸士 岩田芳樹氏作

タイプ
素材
ブランド

東京仏壇 支輪型台付53号 本紫檀 伝統工芸品 No042229 仕様

外寸法高160 × 巾72 × 奥58cm
価格3,740,000円(税込)
素材本紫檀厚板

東京仏壇 支輪型台付53号 本紫檀 伝統工芸品 No042229 品質表示

商品番号042229
原産国国産品
正面表面材 戸板本紫檀材厚板使用
正面表面材 大戸軸本紫檀材厚板貼
正面表面材 台輪本紫檀材厚板貼
主芯材セピター材
仕上塗漆塗装
金紙中金

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ご来店のお客様は…

その他の唐木仏壇 台付型