【仏壇処分】ご本尊(仏像・掛軸)の処分方法は?

【仏壇処分】ご本尊(仏像・掛軸)の処分方法は?

ご本尊様はどのように処分したら良いのか?

こんにちは翠雲堂本店です。
今回は『仏壇の中身はどう処分するの? ご本尊様編』と言うことで、仏壇の中にある仏像や掛け軸といった『ご本尊様』について書いていこうとおもいます。

ご本尊様について

ご本尊様を処分しても良い ただし・・・

基本的に、ご本尊様といっても素材的にいってしまえば木製あるいは金属製であったり紙、布であったりしますが
簡単に地域のゴミの分別しに違って処分してしまうのはダメです。
宗教的に言えば信仰の中心になり、魂が入っており礼拝の対象です。
お位牌と同様に、いらないからと言ってむやみやたらと捨ててしまっては絶対にダメです。
魂抜き(閉眼供養)が必要です。 。

ご本尊様を処分するために

ここからはご本尊様を処分するために何をしたら良いのかを書いていきます。

まずはお寺(お坊さん)へ相談をする

まずは、皆様がお世話になっているお寺あるいはお坊さんへ処分したい旨をお話ししましょう。
ただやみくもに捨てないで、魂抜きをしてもらいましょう。
そのためにまずはご自身の事情をしっかりお寺(お坊さん)に説明し、
ご本尊様を粗末にしないで処分したいことを話して起きましょう。

魂抜きをしてもらう

魂抜き・御霊抜き、呼び方はいろいろありますが、お経を上げてもらってご本尊様から魂を抜いて、
信仰の対象としての役割を終わらせてもらいましょう。
そうすることでご本尊様としてではなく、単なる木製品あるいは金属製品、紙製品になるわけです。

最終的な処分(お焚き上げ)はお寺ですることが多い

魂抜きが終わったご本尊様はそのままお寺(お坊さん)へ預けてお焚き上げしてもらってしまうことが多いです。
そのまま預けてしまえばそれでおしまい。お寺で引き取ってくれなくても、
魂は入っていないので地域の分別に従って処分してもらえば良いです。

最後に

いかがでしたか?
あまり難しく考えずまずはお世話になっているお寺、お坊さんへ
ご相談出来れば話がスムーズに進むと思います。
お寺やお坊さんへご相談が難しいと言うのであれば、翠雲堂本店へご相談ください。
何か力になれるアドバイスが出来るかもレません。

お位牌の処分はこちら↓↓
御位牌はどのように処分したら良いのか?

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ご来店のお客様は…

その他のお仏壇についての記事